« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月17日 (火)

第2回ATC大喜利ぐらんぷり2014

Musybujp


大喜利の大会で幸運にも優勝しちゃいました
やったぜ


この日はラッキーに次ぐラッキーの連続で、本当にラッキーでした
長くやってると、こういう日もあるんですね


当日は朝から高速バスと鉄道を乗り継いで大阪に向かったのですが、
バスが事故渋滞に巻き込まれて1時間半の遅延となり
開演15分前にギリギリで会場にたどり着くことができました

これがもし2時間の遅延だったらそもそも出場すらできていなかったわけで、
こんなラッキーな事があっていいのかしらと思いましたね


一問5分答え放題でポイント積算というルールのため周りがとにかく手が早くて
それに遅れないようにと、左手を挙げながら右手で書きながら次を考える
という忙しい大喜利をしなくてはいけなかったのですけども

もともと集中力も体力も持久力に欠けるタイプなので、
準決勝と決勝の二戦だけで決着する大会だったのも大きいと思います


初戦で当たったのが勝手知ったる相手というか、
一緒に合宿をして同じ釜の飯を食らったような皆さんばかりだったので
緊張も何もなく普段通りの感じで入っていけたのもありがたかった


決勝戦の前にステージの下で呼び込みを待っていた時、
目の前の席でのどごし生を開けていた赤ら顔のおじいちゃんから
「お兄ちゃんおもろいわ。ウケてたで」と古びた洋館のドアみたいな声で
お褒めの言葉をいただけたのもまた、ありがたかった


それでも流石に優勝は難しいんじゃないかと思って挑んだ決勝戦
その面白さは嫌というほどよくわかってる方々が相手ですからね

一問目はもう本当に全然頭が回らなくて
「完全に終わった、今日はもう早く帰って寝よう」と思っていたのですが、
三問目に数を出せるお題が回ってきたのも幸運でした
これで順序が逆だったらどうなっていたか


今回は屋外で行われる大会であるということも話題になってました
始まるまでは帽子がいるかしらとか、水分補給はどうしようとか、
大喜利の大会前に心配することじゃないことが頭を巡っていたのですが、
ぼくが舞台に上がった時に関して言えば雲が日差しを和らげでくれ、
一段高くなっているステージ上は心地よい風が感じられて大変気持ちが良かったです

もちろん「もう屋外はこりごりだよ~」という方もいたでしょうし、
次回以降がどのような形で開催されるかわからないからこそ、
あのステージに上がれたのは本当に幸せなことだったなぁと思いました


こんなにラッキーにラッキーが重なることはそうそうないと思いますけれども、
またあんなステキな日が訪れたらいいなーなんてぼんやり考えています

実は前夜に今まで生きてきて一番というくらいのエッロい夢を見たんですけど、
目が覚めて「うわ~今日はツイてるな~」って思ったところから
その日は怒涛のラッキーラッシュですからね

皆さんもエッロい夢を見た日は宝くじを買うといいと思います

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

ごうわんが書きました


2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ